埼玉ポタリングとカーサイクリング
TOPへ

見沼代用水(東縁)サイクリング

見沼代用水は、埼玉県行田市付近の利根川から取水され上尾市付近で東縁と西縁に分かれて流れる農業用水です。


■見沼代用水(東縁)
見沼代用水(東縁)

さいたま市緑区の新見沼大橋(国道463号)から上尾市の東縁・西縁分流点までの見沼代用水東縁(みぬまだいようすいひがしべり)沿いのサイクリングコース(緑のヘルシーロード)です。

■コース

国道463号の新見沼大橋→(緑のヘルシーロード)→見沼自然公園→ 七里総合公園→見沼代用水東縁・西縁分流点(上尾市)

■コース距離
約12km

■舗装率
100%

■見沼代用水(東縁)の地図
見沼代用水(東縁)サイクリング地図

■コメント

○見沼代用水東縁の新見沼大橋から加田屋付近まで多くの桜並木があります。

○サイクリングだけでなく散策にも良いコースです。お薦め。
特に新見沼大橋付近〜七里総合公園付近まで。

○七里総合公園付近から街を通過する様になり、道路の横断が多くなります。
道路の横断時は注意して。

○歩行者・自転車専用道路(一部車通行有り)です。

○全コース アップダウンの無い平坦なコースです。


次:TOP
前:新方川


TOPへ


(c)埼玉ポタリングとカーサイクリング